お知らせ

お知らせ

コラム・ブログ就職活動

9月に「内定なし」なら見直したい!秋からの勝てる就活戦略

だんだんと肌寒くなってくるこの時期になると周りは内定が決まっていて、卒業に向けて動いているのに自分はまだ内定がまだなくて悩んでいる。どんどん不安だけがたまっていくこの時期からでも内定を獲得する方法はあります。

「不安と焦りだけが募っていく」「9月になっても採用が無いけれど、このまま就職活動を続けていけばなんとかなるのかな。」


そんなふうに思っているあなたのために、今回は9月からでも内定を獲得できる就活戦略をご紹介したいと思います。

 

9月に内定なしの人は秋採用を目指そう


9月に入ってもなかなか内定を獲得できないあなたは「もう9月だし、どこからも内定を獲得できないのではないか。」「そもそもまだ求人を出している企業なんて無いのではないか」と諦めモードに入っているかもしれません。ですが、実は9月以降も企業は採用活動を行っています。


9月以降も採用は続いている!【秋採用で内定獲得を目指そう】

通常就活というと6月までという印象が強いかもしれません。しかし、秋採用と言われる9月以降の採用を行っている企業も存在することを知っていますか。たしかに多くの企業が6月までのいわゆる春採用で求人を出していますが、秋に採用活動を行う企業も少なくありません。


その理由としては

①春採用では出会えなかった学生と出会える

②春採用よりも自社を知ってもらいやすい
③内定辞退率が低い

などが挙げられます。こういった理由で秋採用を行っている企業もあるので、秋採用をしている会社は人気がないのかと不安になることもあるかもしれませんが、そうではないということを知っておきましょう。


9月以降求人を出している企業ってどんな企業?

9月以降の秋採用で求人を出している企業の特徴についてもう少しよく理解しておきましょう。企業の特徴を理解しておくことで就活戦略に役立ちますし、余計な不安を感じることなく就活に専念することができます。


秋採用の求人を出している企業の特徴①:内定辞退などによって人員を補充したいと考えている

ついついマイナスのイメージを持ってしまう秋採用ですが、その特徴として春夏で人員は確保できていたとしても辞退などによって目標の採用人数を下回ってしまったという事が挙げられます。足りなくなれば当然補充する必要がありますよね。

そのため秋採用で求人の募集をかけて不足分を穴埋めしたいという企業が多く存在します。


秋採用の求人を出している企業の特徴②:ベンチャー企業・中小企業が多い

ベンチャー企業や中小企業では春・夏の採用にこだわらず優秀な人材を集めるために秋採用を行っている会社も多く存在します。

穴埋め的な募集というよりもより優秀な人材を求めて春夏には出会えない就活生との出会いを求めている可能性があります。

実際秋採用では、公務員試験や国家資格などを受験していて春夏の就活ができなかったという学生も存在するため企業にとっては優秀な人材を集めるチャンスになります。


秋採用の求人を出している企業の特徴③:優秀な人材を確保したい一部の大手企業

大手企業は秋採用なんてしないのでは?と思っているかもしれませんが、優秀な人材を常に探すためにも秋採用を行っている大企業があります。大手企業狙いで就活していた方もまだ諦める必要はありません。


上記の通り、秋採用を行う企業はそれぞれ目的があって採用活動を行っています。自分を振り返り、良くなかったところは改善していけば必ず内定を獲得できるはずです。そうは言ってもやはり周りはもう内定がある人がほとんどだし・・・と不安になることもありますよね。

確かに数は少ないかもしれませんが、9月に内定がない人も一定数いるんです。


9月で内定がない人ってどれくらい?【9月似内定がないのって危ない?】


9月時点で内定がない人は約10%いることがわかっています。大学4年生を10人集めたら必ず1人はいるということです。


引用:就活みらい研究所「就職プロセス調査」より


そう思ってみると自分だけではないんだなと思えてくるのではないでしょうか。まだ諦めるには早いですよね。


ですが、以前から就活をしているにも関わらずまだ内定がないということであれば就活のやり方や面接での受け答えなどを変えていく必要があります。これまでと同じことをやっていては結果は変わりません。なんとなく受けて、落ちて、の繰り返しになってしまうだけです。
まずは9月の秋採用の特徴を知って、準備をしましょう。


9月に内定なしでも大丈夫!秋採用の特徴と注意点知っておこう


知っておきたい秋採用のスケジュール


秋採用に本格的に取り組む前にスケジュール感を把握しておきましょう。秋採用は、8月から11月くらいまでの間で行われます。ただし、11月いっぱいまで求人がある企業がすべてというわけではありません。


前述したように秋採用を行う企業の目的は人員の穴埋めや、優秀な人材の確保といったものです。当然その枠は春・夏の採用に比べて多くはないでしょう。そのため目標人数が確保できたら募集を終了する企業もあります。


まだ採用している企業があるなら大丈夫か、と気を抜くことなく取り組みましょう。


・秋採用が厳しいと言われる理由は、採用枠の少なさ
前述の通り秋採用は、採用枠に限りのある企業がほとんどです。入れる人数が少ないため競争が厳しく、秋採用が難しいと言われている理由です。ですが、実は秋採用はチャンスでもあるんです。


秋採用のメリット【就活生にとってのラストチャンス】


秋採用は内定を獲得できなかったから仕方なく行うもの、苦しまぎれに行うものなんて考えている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、秋採用にもメリットがあるんです。


春・夏の採用に比べて選考ステップが短くなる可能性がある

穴埋めをしたい企業や優秀な人材をできるだけ早く確保したいという企業が多いため選考ステップを短くしている企業があります。書類選考から何度も面接をしていくのは精神的にも体力的にも辛いですよね。

秋採用は選考ステップが短くなる企業があるため、春・夏の採用よりも少ない労力で選考に進むことができます。


焦っている企業もあり、内定がでやすい

予定の人数人員確保ができていないという企業については内定が出やすいという秋採用ならではのメリットがあります。春・夏で内定を獲得できなかったあなたも十分にチャンスがあるといえるでしょう。


とはいえ、今まできちんと就職活動をしていたのに内定を獲得できなかったという人は、内定が出やすい秋採用でも春・夏同様の結果に終わってしまう可能性があります。9月までに内定なしの人の特徴をまとめたので、どこが悪かったのか原因を探る参考にしてみてください。


9月に内定なしの人の共通点と対策【当てはまったら要注意】


秋採用にはチャンスがあると言っても、今まで内定を獲得できていなかった人は今まで内定を獲得できていなかった要因を振り返り、改善してから就活に望みましょう。


内定がない人の特徴

・自己分析ができていない

・落ちた理由を振り返っていない

・志望動機やガクチカなどの内容を詰めていない

・なんとなく就活している

・企業研究ができていない

・応募した数が少ない

・将来何がしたいかが決まっていない

・新卒エージェントなどのサービスを利用していない


どうでしょうか?ひとつでも当てはまったらすぐに改善しましょう。


でもなにからやったらいいかわからない、当てはまる物が多すぎてパニック!という人のためにできるだけ効率的に内定を取るための対策をご紹介します。


9月に内定なしの人がやるべき対策


対策①:選考に落ちた原因を考える

自分がなぜ選考に落ちたのかを考えていなかった場合はまずこの「落ちた原因を考える」というところから始めましょう。なぜここから始めるのかというと、効率がいいからです。自己分析はできているのに、更に自己分析をしてしまったり企業研究ができていないのに、他のことに時間を使ってしまったりすると時間がもったいないです。

残り少ない内定枠をあなたが獲得するためにはやったほうが良いこと、やらなくても良いことを明確にする必要があります。とはいっても落ちた要因なんかわからないよ!という方は、まずは簡単にどこで落ちたのかを把握しましょう。

・書類選考

・一次面接

・二次面接

・最終面接

どこで落ちたのかによって大体自分に何が足りていないか推測することができます。例えば書類選考であれば書類に不備があったり、きちんと志望動機を書いていなかったり。一次面接であれば人柄やビジネスマナーが見られているのでそこをもう一度見直してみたり、二次面接であれば企業とのマッチ度や入社の意欲などを見ているのでそこが原因なのかと推測することができますよね。


このようにある程度推測しながら振り返ることで効率よく問題の部分を改善することができますよね。


対策②:就活エージェントや逆求人型求人サイトを利用する

求人サイトだけではなく、就活エージェントや逆求人型サイトを利用すると求人サイトだけでは得られない情報が得られたり、新しい求人が見つかったりもします。とくに就活エージェントでは求人を探してくれるだけではなく、書類の添削や面接の指導を行ってくれる場合もあるので就活が不安といった方のパートナーにもなります。

無料でそういったサービスを受けられるので登録して効率よく就活を進めましょう。


対策③:応募する数と質のバランスをとる

春夏の選考でたくさん応募したのに落ちてしまったという方は数と質のバランスを見直してみましょう。また、春夏はほとんど応募していなかったという場合はある程度の数に応募するというのも戦略のひとつになります。どんどん応募するというよりも、企業研究や志望動機がはっきりと言えるくらいの数に絞って応募をしましょう。

春・夏に応募しすぎててんやわんやになった結果どこの内定も獲得できなかったという方は特に要注意です。


9月に内定なし!でも戦略をたてて就活をすればチャンスはある


いかがでしたでしょうか。9月になっても内定がないと留年しようかな、来年にかけようかなと諦めてしまう人もいるかもしれません。ですが、9月はまだ諦めるには早すぎます。

しっかりと今までの就活を振り返って、改善していけば十分秋採用で内定を狙うことができます。

諦めずにしっかり対策をして就活に望みましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

“家族”として対等に、真剣に向かい合える。

私たちは、お客様だけでなく社員やその家族も一つの大きな”家族”と考えています。

“家族”のクルマがある暮らしに寄り添う存在として あなたもナカノオートの”家族”になりませんか?

https://recruit.nakano-auto.co.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

02_VISIT //

会社見学

職場の様子や雰囲気感じることいろいろ
職場の様子や雰囲気感じることいろいろ
03_Q&A //

なんでもQ&A

  • 整備士

    • 取り扱う車種は?

      弊社では国産車から輸入車まで幅広く取り扱っております。様々な車に実際に触れながら幅広い技術を習得することができます。輸入車整備に関してはBOSCHのバックアップがあるので、整備経験が無いという方でも安心です。

    • 作業ノルマはありますか?

      部署ごとの目標はありますが、整備士一人ひとりに対して作業ノルマのようなものはありません。工場全体の進捗管理を担当している先輩整備士が、各整備士のレベルに合わせた作業を振り分けます。作業が遅れていたりすれば他の整備士をフォローに付かせるなど全員で協力しながら日々の仕事に取り組んでいます。

  • 営業/フロント受付

    • 応募にあたって何か必要な資格などはありますか?

      普通免許は必要ですが、AT限定でも大丈夫です。それ以外に必要な免許や資格は入社後、会社が全額負担でバックアップしますので働きながら取得できます。

    • 営業ノルマはありますか?

      部署ごとでの目標はありますが、個人に対してノルマはありません。部署のスタッフがお互いに支え合い、助け合いながら一丸となって目標達成を目指します。また営業活動においては店頭対応がメインですので飛び込み営業等はありません。

  • 全 体

    • 休日はどのようになっていますか?

      年間休日は105日です。毎週木曜日とそれ以外に月1回~2回ご希望の日にお休みを取得できます。また年末年始、お盆、ゴールデンウイークなどの連休もあります。全ての社員が定められた年間休日をとれるように配慮しております。

    • 未経験でも大丈夫ですか?

      はい、未経験の方でも弊社が求める人材であれば積極的に採用をおこなっています。
      未経験からキャリアアップできる環境があり、実際に未経験から活躍している先輩方がフォローしてくれるので安心です。

    • 残業時間はどれくらいですか?

      残業は繁忙期と閑散期によって異なりますが、概ね10時間/月~20時間/月 程度です。出退勤に関しては全社員タイムカードで管理をしております。

ナカノオートのサービス

  • 車検のコバック
  • トラック市長岡店

〒940-2141 新潟県長岡市藤橋1丁目576番地1
TEL:0258-46-7161

ページトップへ