お知らせ

お知らせ

コラム・ブログ就職活動

8月に「無い内定」でも間に合う!夏秋から始める就活の攻略法

 

8月に入り、お盆が過ぎても内定がもらえないまま時が過ぎていけば、どんどん焦りと不安でストレスが溜まってしまうかもしれません。

 

でも大丈夫!8月に内定がなくても、巻き返すことはできます。夏秋からリスタートしても間に合う、大学4年生の就活について解説します。

 

8月に「無い内定」でも間に合う大学4年生の就活とは

 

8月に入ると、周囲の友人たちは内定が出て、10月の内定式を待つばかりという状態ですよね。焦っても空回りばかり、という方に知って欲しい、大学4年生夏秋から頑張れば間に合う就活の可能性について、改めて説明します。

 

秋採用・冬採用を狙えばチャンスはあります

 

8月~9月に就活をリスタート、もしくはスタートする場合、秋採用や冬採用が狙い目です。秋採用・冬採用は10月の内定式までに内定辞退した学生分や転職者、春採用で人材が集まらなかった分を確保するために行われます。

秋採用・冬採用のゴールは3月末まで。まだまだチャンスはありますよ。

 

諦め・焦り・後悔は時間の浪費です

「もう就職できない」という諦めや「どうしよう」という焦り、「これまでの就活は失敗だった」という後悔は、時間の浪費にすぎません。すぐにやめましょう。

 

今すべきことは、秋採用・冬採用に向けて就職活動を始めることです。

 

今すべきことをすぐにやる!

まずは秋採用・冬採用がどんなもので、どんな企業があるのかを徹底して調べましょう。また自己分析もやり直す必要があります。

 

あなたが自身に設けていた壁や枠をすべて取り払い、あなたの視野と可能性を広げてください。そのためにすべきことを、これからご紹介します。

 

卒業までが目標!秋採用・冬採用を知り尽くそう

秋採用・冬採用は、大学卒業までが目標です。今はまだ夏の終わり。必要なことをやり尽くす時間は残っていますが、余計なことをしている時間はありません。

 

まずは秋採用・冬採用について詳しく知っておきましょう。

 

秋採用・冬採用とは

 

秋採用・冬採用は、夏休み明けから卒業直前までの時期に内定をもらうことです。一般的には6月前後に内定が出て10月に内定式を行いますが、セオリー通りではない企業も少なくありません。

 

これから就活をスタート・リスタートする方のターゲットは、秋採用・冬採用枠です。期間は今この瞬間から、卒業するまでです。

 

秋採用・冬採用を行っている企業の特徴とメリット

 

秋採用・冬採用を行っている企業には、以下のような特徴があります。

 

・通年採用企業

・大手企業のグループ会社

・ベンチャー企業

・中小企業

・BtoB企業

 

 

近年は優秀な人材を転職者からゲットする企業も多く、スカウトなども行われています。

 

そのため通年採用枠を設けている企業は、大小、有名無名関わらず増えてきています。大手企業のグループ企業は、知名度が大手に劣るものの、福利厚生や働きやすさなどは大手に準ずるところも多く、狙い目です。

 

まだ新しい企業や広告をあまり打っていない中小企業、学生の認知度が低いBtoB企業にも優良企業は多く、知名度低い分これからトライする方におすすめです。

 

秋採用・冬採用を行っている企業のデメリット

 

秋採用・冬採用を行っている企業は、「春採用で内定辞退者が出たり、確保しきれなかった分の人材を確保したい」という立場のことが多い点が、デメリットです。

 

春採用よりも人数の枠が小さく、狭き門になるため競争も熾烈です。

通年採用企業の場合は、優秀な人材を年齢に関係なく採用したいと考えているため、ライバルは新卒学生ではなく、キャリアアップを目指すその道のプロたちという場合もあります。

 

新卒学生は、転職者よりも経験値やプレゼン能力で劣るかもしれませんし、即戦力にはなりにくい点もデメリットです。しかし素直で臨機応変な対応力、努力家、やる気がある人材は、どの企業にも魅力的に映ります。

 

即戦力とはならなくても、企業や職場にとってなくてはならない人材に育つという可能性を、志望動機や面接でしっかりアピールしましょう。

 

秋採用・冬採用を狙うために必要なこと

 

秋採用・冬採用を勝ち取るために必要なことを、分かりやすく説明します。

 

なぜ今まで内定が取れなかったのかを分析する

 

まずは後悔をやめ、冷静になって「なぜ今まで内定が取れなかったのか」を分析してみてください。

 

・ガクチカで多忙だった

・公務員狙いだった

・留学していた

・院進学から方向転換した

・病気やケガで動けなかった

・大手、有名企業ばかり狙っていた

・準備が甘かった

・なんとなく方向性が違った

・大学の知名度が低い

・分からない

・その他

 

あなたが内定を取れていない理由を整理したら、自己分析をもう一度、徹底的にやりなおすことをおすすめします。

 

これまで就活ができなかった、していなかった方は、なぜできなかったのか、しなかったのかという理由を明確化しましょう。面接で必ず突っ込んだ質問をされる部分です。

 

自己分析をもう一度やり直し、あなた自身を深掘りする

 

春採用に失敗した方も、これからスタートする方も、自己分析をじっくり深掘りしてみてください。自己分析の甘さ、つまりあなた自身の自己理解の浅さは、業種・職種選びに影響し、書類選考や志望動機、面接で必ず見抜かれます。

 

春採用の就活で「何か違ったかも」という違和感を覚えた方は、違和感についてしっかり分析してください。あなたの心にわだかまる違和感こそ、あなたにとっての【就活】です。

 

「どうしても譲れないこと」「絶対に妥協できないこと」「曲げられない信念」などが、就活の軸となるものです。就活の軸は、いずれあなたにとって「労働の軸」「生きることの軸」となって、あなたの人生の軸へと成長していきます。

 

自己分析を深掘りしていくと、あなた自身これまで気付いていなかった性格や特徴に気付き、客観的に見たあなたと主観的なあなたのズレに気付くようになります。

 

あなた自身の思考や気持ちを追求し、あなたが本当に求めているもの、妥協したくないこと、信念を磨きだしてください。

 

見栄よりも実を取る!有名企業が優良企業とは限らない

 

企業を「知名度」や「ハイスペックさ」で選ぶことはやめましょう。有名企業が必ずしも優良企業とは限りませんし、一般的な知名度があまりない企業が、その業界では指折りの優良企業ということもあります。

 

あなたがやりがいを見つけて輝ける場所、居場所として相応しい職場かどうかも、企業の大きさや知名度とは関係しません。また、大学の知名度を嘆いても、何も好転しません。

 

就活は見栄ではなく実を取ってこそ成功します。なぜなら就活のゴールは内定でも入社式でもなく、あなたがハッピーリタイアをするその時だからです。

 

あなたを磨いて焦点を定めよう

6月内定に納得がいかなかった方、6月内定を全く貰っていない方、何かの理由で就活自体これからスタートする方に必要な、これまでとは違った就活の方向性を解説します。

 

時間はあまり残っていないため、6月内定までと同じスタイルで就活していても、成功はつかめません。あなたをより磨き上げ、焦点を絞ってピンポイントで内定をゲットしましょう。

 

視野を広げてあなたの居場所に相応しい企業を探す

 

自己分析を深掘りして【就活の軸】を定めたら、これまでよりも視野を広げて業種から見直してみましょう。あなたが興味を持っている業種だけでなく、よく知ることで面白い、やりがいがあると感じられる業種や職種があるかもしれません。

 

また自己分析を深掘りする中で、「僕は意外とこっちも向いているかもしれない」「私はあっちでもやっていけるかも」という気付きがある方もいるでしょう。

 

自己分析を深掘りし、【就活の軸】を見定めることで、あなた自身を磨き、やる気や自信で輝かせることにもつながります。

 

大学のキャリアセンターをフル活用しよう

 

大学には就職部や就職センター、キャリアセンターと呼ばれる、学生の就活をサポートするための専門機関があります。これまであまり頼ってこなかったという方、とてももったいないですよ。

 

大学のキャリアセンターをフル活用して、就活を成功させましょう。

 

個別相談を利用して自己分析や業界選びをサポートしてもらう

 

大学のキャリアセンターでは、個別相談を行っているところが多数派です。できるだけ利用して、これまでと現在の自己分析の結果や、業界選びの悩みなどを相談してみましょう。

 

大学のキャリアセンターは、学生たちの進路を一番よく把握している場所です。あなたが4年間で学んだこと、実践してきたことと照らし合わせたアドバイスをしてくれるでしょう。

 

大学独自の就職先情報を手に入れる

 

大学によっては、一般の就活サイトでは手に入らない、独自ルートの就職先情報を持っているケースもあります。ゼミの教授や先輩にも相談を広げて、広い視野で就職の可能性を探してみましょう。

 

大学独自の資料や支援プログラムは丁寧にチェックして活用

大学のキャリアセンターでは、大学のOB・OGからの情報をもとに作成した大学独自の資料や、大学の卒業生たちの就職傾向をまとめたリーフレットなどを用意しています。

 

大学の学生しか手に入れられない貴重な独自資料のため、必ずもらって熟読し、先輩の経験値や社会のルールなどを身につけましょう。

 

また自己分析サポートや志望動機の書き方指導など、独自の支援プログラムを学生向けに用意しているキャリアセンターもあります。大学キャリアセンターの支援プログラムにはどんなものがあるのか、しっかり把握して役立ててくださいね。

 

新卒採用のリミットは卒業まで!まだまだ諦めないで

 

秋採用・冬採用に向けてスタートする方にとって、とりあえずのリミットは卒業直前です。

10月、11月採用だけを見て焦るのではなく、卒業までに決めることを目標に、焦らず、諦めずに就活をリスタートしましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

“家族”として対等に、真剣に向かい合える。

私たちは、お客様だけでなく社員やその家族も一つの大きな”家族”と考えています。

“家族”のクルマがある暮らしに寄り添う存在として あなたもナカノオートの”家族”になりませんか?

https://recruit.nakano-auto.co.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

02_VISIT //

会社見学

職場の様子や雰囲気感じることいろいろ
職場の様子や雰囲気感じることいろいろ
03_Q&A //

なんでもQ&A

  • 整備士

    • 取り扱う車種は?

      弊社では国産車から輸入車まで幅広く取り扱っております。様々な車に実際に触れながら幅広い技術を習得することができます。輸入車整備に関してはBOSCHのバックアップがあるので、整備経験が無いという方でも安心です。

    • 作業ノルマはありますか?

      部署ごとの目標はありますが、整備士一人ひとりに対して作業ノルマのようなものはありません。工場全体の進捗管理を担当している先輩整備士が、各整備士のレベルに合わせた作業を振り分けます。作業が遅れていたりすれば他の整備士をフォローに付かせるなど全員で協力しながら日々の仕事に取り組んでいます。

  • 営業/フロント受付

    • 応募にあたって何か必要な資格などはありますか?

      普通免許は必要ですが、AT限定でも大丈夫です。それ以外に必要な免許や資格は入社後、会社が全額負担でバックアップしますので働きながら取得できます。

    • 営業ノルマはありますか?

      部署ごとでの目標はありますが、個人に対してノルマはありません。部署のスタッフがお互いに支え合い、助け合いながら一丸となって目標達成を目指します。また営業活動においては店頭対応がメインですので飛び込み営業等はありません。

  • 全 体

    • 休日はどのようになっていますか?

      年間休日は105日です。毎週木曜日とそれ以外に月1回~2回ご希望の日にお休みを取得できます。また年末年始、お盆、ゴールデンウイークなどの連休もあります。全ての社員が定められた年間休日をとれるように配慮しております。

    • 未経験でも大丈夫ですか?

      はい、未経験の方でも弊社が求める人材であれば積極的に採用をおこなっています。
      未経験からキャリアアップできる環境があり、実際に未経験から活躍している先輩方がフォローしてくれるので安心です。

    • 残業時間はどれくらいですか?

      残業は繁忙期と閑散期によって異なりますが、概ね10時間/月~20時間/月 程度です。出退勤に関しては全社員タイムカードで管理をしております。

ナカノオートのサービス

  • 車検のコバック
  • トラック市長岡店

〒940-2141 新潟県長岡市藤橋1丁目576番地1
TEL:0258-46-7161

ページトップへ