お知らせ

お知らせ

コラム・ブログ

6月前半は企業面接ラッシュ!企業の取捨選択から勝ち抜く面接のイロハ

 就職活動は3月から本格的に活動がスタートし、6月は企業選考や企業面接ラッシュになります。これまで1年間就活に励んできた学生のみなさまも、3月からスタートを切ったガクチカ学生のみなさまも、6月は就活本番という生活になるでしょう。

 

今回は就活で欠かせない、企業面接を勝ち抜くための基礎知識についてじっくり解説します。

 

就活の流れは基本的に6月から面接・選考解禁!

 就活は人によってスタートが異なりますが、だいたい3年生の6月頃から準備を始める方が多いでしょう。まずは自己分析を行って、あなたの強みや長所・短所、あなたがやってみたいと思っていること、興味をもって働けそうな業種を探します。

ある程度業種を決めたらインターンに応募したり、OB・OGを訪問したり、各種就活サイト・就活エージェントのセミナーを受けて、仕事について学んでください。4年生の春になる前には合同説明会や企業説明会、エントリーシート提出などが本格化し、早ければ6月に選考・面接、内々定が出る企業もあります。

3年生まではしっかりガクチカ、就活は4年になってからスタートしたという方も、まだ間に合います。
基本は自己分析で、いかに「企業に求められる人材」に当てはまるピースを、あなた自身の中から集められるかがポイントです。

面接で質問される内容は、自己分析をいかに深掘りしたかがわかるものが多いため、面接対策から「企業に求められる人材」を探ってみましょう。

 

 

面接で質問される内容を知る

 

 面接対策のために、面接で行われるスタンダードな質問をご紹介します。なぜそんな質問をするのか、どう答えればいいのかも合わせて知っておきたいですね。

 

自己紹介・自己PR

自己紹介・自己PRは多くのケースでされる質問です。自己紹介は、よどみなく挨拶ができること、会話のきっかけを相手に与えるようなコミュニケーションスキルがあるかどうかがチェックされます。

 

自己PRは、自己紹介をしつつ短い回答の中で「あなたの強み」や「あなたを採用すると企業にどのようなメリットがあるか」を簡潔に述べる力が問われます。
自己分析と企業研究をしっかり行い、結びつけて考えることで「あなたが企業で発揮できる力は何か」を端的に答えられるようになるでしょう。

 


あなたの強み

あなたが自分で考える、あなた自身の強みについての質問です。自己PRと似ているのでまとめて回答準備をしている方もいるかもしれませんが、両方訊かれることもあります。同じことを繰り返して答えないように、強みについても深掘りをして回答を準備しておきましょう。

自己PRは、あなたが企業にとってどんなメリットをもたらすか、という質問で、 あなたの強みは、あなた自身が「特技・武器」と感じていることを訊ねる質問です。たとえば自己PRで「どこに不具合が起きているのかとことん追及し、数多くの対策から素早く最適解を探せるため、スピーディに不具合解決できます」と答えたとします。

さらにあなたの強みを質問された場合は、下記のように答えると良いのではないでしょうか。「不具合の原因と対策が数多く頭に入っていて、すぐに最適解を導きだせることが私の強みです。御社ではお客様のニーズに合った素早い対応でお役に立ちたいと考えています。」同じ内容ですが、それぞれの質問により合った回答を出せるようにしておきたいですね。

 

志望動機

あなたがなぜその企業や業界を選んだかを訊ねる質問です。この質問の意図は、あなたがどれくらい深く業界研究や企業研究を行ってきたかを知ることです。志望動機を訊ねる質問にはいろいろなバージョンがあり、ストレートに志望動機を訊かれるとは限りません。

 

「あなたが感じる当社の強みは何ですか」

「当社に魅力を感じたのはどんな点ですか」

「あなたは当社にどんなイメージをもっていますか」

以上のような質問が来たら、志望動機につなげて答えられると良いでしょう。

 

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)

最近の就活生の間では「ガクチカ」と略称されている、「学生時代に力を入れたこと」。大学時代をいかに充実させたかという質問です。
ガクチカのために就活のスタートが遅くなる学生もいるため、ガクチカに関する質問には丁寧に答えたいですね。ガクチカを質問する意図は、学生時代にあなたがどんな経験を積んだかということと、経験を今後に結び付けて語れる説得力があるかという、2点です。

「学生時代に経験したアルバイトを教えてください」
「サークルには入っていましたか」
「卒業研究や卒業論文の内容はどんなものですか」
「なぜそれらを選んだのですか」

これらの質問はガクチカについて訊ねているものです。


まずは嘘をつかず率直にやってきたことを答えてください。さらにやってきたことから得た知識や経験を端的に語り、今後どう社会人として役立てていくか、どんなスキルを身につけたかった(身につけた)かを簡潔に伝えましょう。


あなたの長所・短所

あなたの長所・短所はセットで質問されることも多いです。長所・短所はあなたが自己分析をどこまで掘り下げて行えているか、あなた自身を理解しているかを訊いています。長所も短所も簡潔に答えられるようにしておきましょう。


長所・短所に関する質問には、こんなものもあります。

「あなたが他者に負けないと思っているものはなんですか」
「あなたが自分で改善したいと感じている欠点はありますか」
「あなたの苦手なものは何ですか。それを克服するためにしていることはありますか」

長所と短所は背中合わせで、あなたが短所と感じている点に気を付けて伸ばせば長所になり得ます。逆に長所と思っている点に自信を持ちすぎていると、短所と捉えられる可能性もあります。長所を上手に伝えながら、短所も理解し改善するための努力をしている、という答えは、自分自身をよく理解していると好意的に解釈されるでしょう。


「長所は集中力があって努力家なところです。半面、打ち込み過ぎると周りが見えなくなることがある点が短所です。仲間との協調を重視しながら、自身の仕事に取り組みたいと考えています」

 

「長所は常に他人の立場に立って相手を慮ることができる点です。短所は反対意見などを強く主張できない点です。チームの出す結果がより良いものになるという信念を持ち、主張すべきことはしていくよう努力しています」

以上のような回答はいかがでしょうか。 

 

就活の軸

【就活の軸】という言葉をよく耳にするようになりました。
就活の軸とは、あなたが就職において「絶対に譲れない」と考える信念、希望条件を指します。
企業側は、就活の軸をあなたという社会人の卵の屋台骨と見て、重視するところも多い質問です。就活の軸を探すには、【自己分析】と【自己の客観視】が必要です。

 

自己分析を行い、他人から見たあなたが「何を重視する人間」に見えているかを洗い出して、あなたにとって譲れない信念、希望条件を探しましょう。

就活の軸となるものを例に挙げます。

 

・社会問題の解決に貢献したい

・実力主義で努力すればどんどん上を目指せる

・職場の人間関係が円滑

・ワークライフバランスが取れた人生

・他業種と関わるハブとなる仕事がしたい

・人の役に立ち人を喜ばせたい。人を笑顔にしたい

・いずれ海外で活躍する人材になりたい

・人々の生活を支えるインフラに携わりたい

・新しく便利なアイデアを広め、人々の生活を豊かにしたい

・やりがいを感じながら仕事に熱中したい

・社会のさまざまな格差をなくしたい    等


就活の軸は1本でも多すぎても独りよがりになったり、抽象的になったりします。
おすすめは3本柱を立てることです。  
 


企業が就活生を取捨選択するポイントは何かを知る

 企業は就活生をどんなふるいにかけて取捨選択しているのかを知ることが、面接を勝ち抜くためのコツです。企業があなたのどこを見て、知りたがっているのかを掘り下げてみましょう。


企業が見るのは「活躍できる人材か」どうか

企業が面接であなたと直接対話し、知りたいと思っているのはあなたが「企業に入って活躍できる人材かどうか」ということです。

・企業の理念とあなたの信念にあまり隔たりがないか
・入社後のビジョンをしっかり持っているかどうか
・今後のキャリアプランをそれなりに立て、入社後やりたいこと、学びたいことを具体的に考えているか
・自己分析や企業・業界研究などの、基本的なことをきちんと準備してきたか


以上のような点を見定め、あなたが今後企業に入ってから成長し、活躍していく人材になり得るかを見ています。

 

 

ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)で身についたもの


企業に入ってから必要になるスキルのひとつが、ガクチカ(学生時代に力を入れて頑張ったこと)を通じて身についたものです。何に打ち込んでいたかよりも、これまで頑張ってきたことを今後企業のチーム内で、どういう形で発揮したいと考えているかを評価されると思っておきましょう。 企業の職務に還元して打ち込めるものをもっているか

 

 アルバイトやサークル、勉強で得たものは何か、自己分析で明確にするために、箇条書きに書き出してみましょう。さらに企業研究では、業界や企業でどんな仕事を行い、どんなスキルが必要とされるのかを分析します。あなたが大学4年間で身につけたもののうち、どんな能力が企業での職務に還元できるかシミュレーションしてみましょう

アルバイトで得たクレーム対応力や根気、サークルで培ったチームワークの極意、ゼミで学んだプレゼン能力や分析力など、職場で役立てられるものはたくさんあるはずです。打ち込めるきっかけ、興味関心のスイッチはなにか。あなたが「おもしろい」と感じて打ち込めるようになるきっかけや、興味関心を抱くスイッチは何かも、自分自身で分析しておくと良いでしょう。


あなた自身が「おもしろい、楽しい」と 感じるツボをきちんと把握することで、業種選び、企業選びにも役立ちます。

 

 

仲間とチームで力を発揮できる人材か

企業に入って働くにあたって、多くはチームで何らかの課題に取り組んだり、ものづくりを行ったりします。そのため仲間とコミュニケーションをうまく取り合うスキル、報連相の基本、チームで力を発揮するスキルなどを持っているかが問われます。

 

 価値観が企業理念とマッチするか

まずは価値観が企業理念とマッチするかがポイントです。業界研究や企業研究は、自己分析と並行してできる限り深掘りしましょう。 

価値観が企業理念とマッチしているかどうかは、あなたと企業のマッチングにおいて非常に重要です。価値観が合うことは、家族や友人、恋人など、人と人との関係でも大切ですよね。

 

 他者に配慮しながらチーム・企業の利益のために尽力できるか

ビジネスマンというと「部署全員がライバルで、業績をかけて日々抜きつ抜かれつする」というイメージがあるかもしれませんが、仕事はチームワークが肝心です。そのため他者への配慮は顧客だけでなく、自社の部署内でこそ非常に重視されます。相手の立場を考慮しながら、自身の業績だけでなく、チームやひいては企業の利益のために何が必要かを考えられる人材を、企業は求めます。

 

「自分は社会や会社の歯車に過ぎない」とぼやく人がいますが、嘆くことではありません。ほんの小さな歯車がひとつ欠けただけでも、機械は正しく動かず、本来の力を発揮することができなくなってしまいます。企業も同様です。チームが円滑にまわって利益を上げ、企業を成長させるためには、1人ひとりがコミュニケーション、チームワークを重視して行動する必要があります。 

 

あなたの論理的思考力や解決力
面接ではいろいろな方向から質問が飛んできますが、そこで見られているのはあなたの持つ論理的思考力や、課題・問題解決力です。

 

 分析力に優れているか

面接では非常に緊張してしまう方が多いと思います。でも、これまでに業界研究や企業研究、自己分析を徹底して行ってきていれば、突然の質問が飛んできても何かしらの答えは出せるでしょう。緊張していても企業研究や自己分析をベースにして質問の意図を分析し、最適解を導き出そうとする力が備わっているかどうかも観察されています。分析力は一朝一夕で備わるものではありません。ガクチカや自己分析、業界・企業研究で育めるよう、常に頭の隅に置いておきたいですね。 

 

 課題・問題解決能力は高いか

近年、小学生からプログラミング教育が取り入れられるようになりました。その目的のひとつが、課題・問題解決能力の向上です。

面接の際は「思いがけない質問を投げられた」ということが問題・課題となるでしょう。その場で解決するために何を意図した質問かを考え、適切に答える問題解決能力があるかどうかも、観察されていると考えましょう。  

 

 

面接・選考は企業の取捨選択ポイントを見抜くべし!就活の軸を3本立てよう

面接や選考は、企業がどんな社員を求めているかを見抜き、取捨選択のポイントを見抜くことで活路を見出せます。

自己分析と業界・企業研究は、就活の基本であり、帰結するところでもあります。
どんなに緊張しても忘れず、あなた自身の大黒柱として常に存在を感じられる「就活の軸」を3本立てることがおすすめです。


中国の古典『孫子・謀攻編』に、有名な言葉があります。「彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」企業を知り、あなた自身を知るための自己分析や業界・企業研究は、面接を乗り越えるためのパワーになるだけでなく、社会人としていろいろな壁にぶつかったときもあなたを助けてくれるでしょう。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

“家族”として対等に、真剣に向かい合える。

 

私たちは、お客様だけでなく社員やその家族も一つの大きな”家族”と考えています。

“家族”のクルマがある暮らしに寄り添う存在として あなたもナカノオートの”家族”になりませんか?

https://recruit.nakano-auto.co.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

02_VISIT //

会社見学

職場の様子や雰囲気感じることいろいろ
職場の様子や雰囲気感じることいろいろ
03_Q&A //

なんでもQ&A

  • 整備士

    • 取り扱う車種は?

      弊社では国産車から輸入車まで幅広く取り扱っております。様々な車に実際に触れながら幅広い技術を習得することができます。輸入車整備に関してはBOSCHのバックアップがあるので、整備経験が無いという方でも安心です。

    • 作業ノルマはありますか?

      部署ごとの目標はありますが、整備士一人ひとりに対して作業ノルマのようなものはありません。工場全体の進捗管理を担当している先輩整備士が、各整備士のレベルに合わせた作業を振り分けます。作業が遅れていたりすれば他の整備士をフォローに付かせるなど全員で協力しながら日々の仕事に取り組んでいます。

  • 営業/フロント受付

    • 応募にあたって何か必要な資格などはありますか?

      普通免許は必要ですが、AT限定でも大丈夫です。それ以外に必要な免許や資格は入社後、会社が全額負担でバックアップしますので働きながら取得できます。

    • 営業ノルマはありますか?

      部署ごとでの目標はありますが、個人に対してノルマはありません。部署のスタッフがお互いに支え合い、助け合いながら一丸となって目標達成を目指します。また営業活動においては店頭対応がメインですので飛び込み営業等はありません。

  • 全 体

    • 休日はどのようになっていますか?

      年間休日は105日です。毎週木曜日とそれ以外に月1回~2回ご希望の日にお休みを取得できます。また年末年始、お盆、ゴールデンウイークなどの連休もあります。全ての社員が定められた年間休日をとれるように配慮しております。

    • 未経験でも大丈夫ですか?

      はい、未経験の方でも弊社が求める人材であれば積極的に採用をおこなっています。
      未経験からキャリアアップできる環境があり、実際に未経験から活躍している先輩方がフォローしてくれるので安心です。

    • 残業時間はどれくらいですか?

      残業は繁忙期と閑散期によって異なりますが、概ね10時間/月~20時間/月 程度です。出退勤に関しては全社員タイムカードで管理をしております。

ナカノオートのサービス

  • 車検のコバック
  • トラック市長岡店

〒940-2141 新潟県長岡市藤橋1丁目576番地1
TEL:0258-46-7161

ページトップへ